光電話オフィス(技術・設備について)

今までのNTT一般電話と電話のかけ方は変わるのですか?
基本的に同じです。また市内通話の場合は、市外局番を省略してダイヤルすることができます。
ただし、電話機等のACR機能がオンの場合、自動的に他社選択機能が働き光電話オフィスがご利用できません。お客さまご自身でACR機能の停止、ACRサービス提供会社へ解約手続きを行ってください。
インターネットと電話を同時に利用することはできますか?
電話機接続タイプおよびPBX接続タイプについては、インターネット接続サービス(インターネットオフィス、インターネットハイグレード)のオプションサービスとなりますので、ご利用可能です。
IP-VPNの場合は、サービスオプションでインターネット接続に申し込みいただくことにより、ご利用可能です。
PBX接続(専用)タイプについては、電話専用のサービスとなりますので、インターネットのご利用はできません。
光電話オフィスとIPフォンは併用できますか?
光電話オフィスとIPフォンの両方をお申し込みいただくことにより、併用は可能です。
なお、光電話オフィスで電話番号を追加する場合、06や078などで始まる電話番号と、050で始まる電話番号の両方を選択することが可能です。ただし、050番号で発信した場合は、緊急通報(110番、119番)への通話ができないなど、制限事項があります。通話料についても、IPフォンと同様になります。
プッシュホンは利用できますか?
ご利用可能です。プッシュホンをご利用の場合でも、プッシュ回線費用は不要です。
ビジネスフォンを利用できますか?
電話機接続タイプをご利用の場合で4芯の電話線が必要となる電話機については、ご利用いただけません。2線式の電話機をご利用ください。
ビジネスフォンの主装置を接続する場合は、ゲートウェイタイプをご利用ください。
ACR機能(スーパーLCR、α–LCRなど)は使えますか?
電話機などのACR機能が動作している場合、自動的に他社選択機能が働き光電話オフィスが正常にご利用できません。お客さまご自身でACR機能の停止、ACRサービス提供会社へ解約手続きを行ってください。
現在、一般電話にて音声通信以外で利用しているサービス(オフトーク通信や電気/ガスの遠隔検針、ホームセキュリティなど)は利用できますか?
モデム通信を利用する機器は、回線の状況によってご利用できない場合があります。また、オフトーク通信(NTTオフトーク通信)、ノーリンギング通信(電気/ガス/水道等遠隔検針制御:各社)、信号監視通信等(ホームセキュリティ:警備会社など)はご利用ができなくなります。
また、ADSLについてもご利用できなくなります。
※大阪ガスのるるるコールや関電SOSのセキュリティーサービスは、ご利用になれる場合があります。詳細は各会社にお問い合わせください。
FAXは利用できますか?
一般に利用されているG3FAXは、ご利用いただけます。
なお、ISDN回線専用のG4ファクシミリ、ISDN回線専用のG3ファクシミリは、一部ご利用いただけない場合がございます。
利用できない電話機はあるのですか?
「電話機接続タイプ」においては、光電話ゲートウェイがダイヤル信号(パルス、プッシュ)を自動検知しますので基本的に問題ありません。
NTTの電話線の撤去もしてもらえるのですか?
後日NTTにて工事がある場合があります。その場合はNTTから連絡があります。
どのような接続方法になるのですか?
・ インターネットハイグレード・インターネットオフィスをご利用の場合はこちら »
・ イーサネットVPNをご利用の場合はこちら »
・ IP-VPNをご利用の場合はこちら »
・ 電話専用回線としてご利用の場合はこちら »
宅内電話配線の工事もケイ・オプティコムでしてもらえるのですか?
別途料金で工事をさせていただきます。
光電話スイッチ・光電話ゲートウェイには電源が必要ですか?
AC100V電源(一般家庭用のコンセント差し込み口)が必要です。なお、電源アダプターは回線終端装置に標準装備されています。
通話ごとに電話番号を非通知/通知にすることはできますか?
非通知にする場合は、電話番号の前に「184」をつけてダイヤルしてください。
(この場合、回線ごとに通知の設定をされている場合でも非通知になります。)
通知にする場合は、電話番号の前に「186」をつけてダイヤルしてください。
(この場合、回線ごとに非通知の設定をされている場合でも通知になります。)
また、あらかじめ申し込み時に、基本設定として、通知/非通知をご選択いただきます。
転送電話サービスの転送条件は?
3つの転送条件を選択することができます。
 ・無条件転送 :お客さまの電話を呼び出さず、転送先に直接転送します。
 ・無応答時転送:お客さまが電話に出られない場合、一定時間経過後に転送先に転送します。
 ・話中時転送 :お客さまがお話中にかかってきた電話を転送先に転送します。

  (注)以下の電話番号は転送先として設定できません。
  (1)接続できない電話番号・サービス(伝言ダイヤル・ダイヤルQ2など)
  (2)1XXの3桁の電話番号(110番・119番など)
  (3)着信課金電話サービス(0120で始まる番号など)、統一番号サービス(ナビダイヤル)、および大量呼受付サービス(テレドーム)