クラウドストレージ(機能について)

コントロールパネル機能でできることは何ですか?
ブラウザー画面から仮想ディスクの各種設定が可能です。
【主な機能】
・サービス状態、操作ログ表示
・仮想ディスク追加/削除
・仮想ディスク容量/名称の変更
・クオータ設定、スナップショット設定
・ActiveDirectory連携設定
・オプション申し込み
【コントロールパネル】インターネット経由で接続できますか?
インターネット経由での接続はできません。
【コントロールパネル】どのブラウザーでもアクセス可能ですか?
動作確認ブラウザーは以下の通りです。
Windows XP Internet Explorer 8、Firefox 17、Chrome 23
Windows7 Internet Explorer 8、Internet Explorer 9、Firefox 17、Chrome 23
Mac OS X v10.8(Mountain Lion) Safari 6
【コントロールパネル】パスワード変更時の条件を教えてください。
パスワードは8文字以上、16文字以内で以下の文字種のうち3種類以上を使用した文字列である必要があります。
・半角英大文字
・半角英小文字
・半角数字
・半角記号(!$-=?@[]_#^のみ利用可能)
【コントロールパネル】仮想ディスクはいくつまで追加できますか?
仮想ディスクは最大3つまで追加することが可能です。
【コントロールパネル】月途中で仮想ディスクを追加した場合の料金はどうなりますか?
月々のご利用料金をご利用日数に応じて日割りさせていただきます。仮想ディスクは追加した翌日から課金を開始します。
【コントロールパネル】追加したディスクは削除できますか?
仮想ディスクは追加した翌日より削除することが可能です。
【コントロールパネル】複数の仮想ディスクに同じIPアドレスを割り当てることはできますか?
できません。仮想ディスクごとにクラウドネットワークのIPアドレスを割り当てる必要があります。
【コントロールパネル】追加ディスクの初期設定について教えてください。
仮想ディスクはWORKGROUP認証で初期設定を行います。
WORKGROUP 名:WORKGROUP
WORKGROUP認証アカウント:Administrator
WORKGROUP認証パスワード:[クラウドID初期パスワード]
【コントロールパネル】仮想ディスク容量はどのくらいまで増やせますか?
仮想ディスク容量は最大3TBまで増やすことが可能です。
【コントロールパネル】仮想ディスク容量を減らすことはできますか?
仮想ディスク容量を減らすことはできません。
【コントロールパネル】月途中で仮想ディスク容量を増やした場合の料金はどうなりますか?
仮想ディスク容量の料金は増やした翌日から変更されます。
【コントロールパネル】月途中で仮想ディスクを削除した場合の料金はどうなりますか?
仮想ディスクは削除した当日まで課金されます。
【コントロールパネル】仮想ディスクがない状態でも課金は発生しますか?
仮想ディスクをまだ作成していない場合や、作成した仮想ディスクを全て削除した場合(仮想ディスクが無い状態)
仮想ディスクについての課金はありませんが、以下の料金は別途必要です。
・回線契約に基づく回線料金
・ポート接続オプションを契約している場合のオプション料金
【コントロールパネル】WORKGROUPの認証アカウントおよびパスワードは変更できますか?
変更することはできません。
(注)コントロールパネルのログインパスワードを変更した場合でも、WORKGROUP認証パスワードはクラウドID初期パスワードのままです。
【コントロールパネル】仮想ディスクのIPアドレスおよびストレージタイプは変更できますか?
作成後は変更することはできません。
【スナップショット】スナップショットは何世代まで可能ですか?
手動取得は最大30世代まで可能です。 自動取得は周期ごとに以下の世代数まで可能です。
周期 世代数
Weekly(毎週月曜日0時に取得) 60
Nightly(毎日0時に取得) 90
Hourly(指定した時刻に取得) 60
【スナップショット】WeeklyおよびNightlyのスナップショットを自動取得する場合、Nightlyのスナップショットは取得されますか?
取得されません。
【スナップショット】WeeklyおよびNightlyのスナップショットを自動取得する場合、Hourlyの0時のスナップショットは取得されますか?
取得されません。
【スナップショット】自動取得したスナップショットは手動で削除できますか?
手動で削除することはできません。
【スナップショット】スナップショットの世代数を変更した場合、いつ設定が有効になりますか?
スナップショットの世代数を変更した場合、スナップショットを次回自動取得するタイミングで設定が有効になります。
ただし、世代数を0に設定した場合は、即座にスナップショットは削除されます。
【スナップショット】世代数を減らした場合はどうなりますか?
世代数を減らした場合、設定した世代分のスナップショットを残しそれ以上の世代分については削除されます。
【クオータ機能】仮想ディスク新規作成時の設定を教えてください。
動作確認ブラウザーは以下の通りです。
第一階層のフォルダー名 初期のクオータ容量
share 新規作成時の仮想ディスク容量
log 10GB
【クオータ機能】第一階層のフォルダーの削除はどのようにすればよいですか?
第一階層のフォルダーを削除する場合はクオータ設定画面から削除してください。
(注)削除されたフォルダーやファイルは復旧できませんので削除の際は十分にご注意ください。
【クオータ機能】仮想ディスクの容量変更を行った場合、クオータ容量は再設定されますか?
仮想ディスクの容量変更を行ってもクオータ容量は再設定されません。
(注)必要に応じて容量の再設定をお願いします。
【Active Directory(AD)連携】本機能を利用する場合の注意点を教えてください。
本機能を利用される場合は、お客さまでADサーバを用意していただく必要があります。以下の点にご注意ください。
・ADサーバが正常に稼動していること
・ADサーバの時刻設定が正しいこと
【アクセスログ】アクセスログの設定を教えてください。
アクセスログ機能の設定は以下の通りです。
最大ファイル容量:100MB
最大ファイル数:100ファイル
ローテーション間隔:1日
(注)アクセスログ機能の設定は変更できません。
【アクセスログ】アクセスログファイルが最大ファイル容量もしくはローテーション間隔を超過した場合、どうなりますか?
アクセスログファイルは最大ファイル容量もしくはローテーション間隔を超過した場合に、新しいファイルが作成されます。
【アクセスログ】アクセルログファイルはどこにどのようなファイル形式で作成されますか?
アクセスログファイルは、Windowsイベントログファイル形式で作成されます。
【アクセスログ】アクセスログファイルのローテーションのタイミングを指定することはできますか?
指定することはできません。
【アクセスログ】アクセスログファイル領域は契約容量に含まれますか?
アクセスログファイル領域は契約容量に含まれます。
【データバックアップ】データバックアップはバックアップ元の仮想ディスク1つにつき、いくつまで取得できますか?
バックアップ元の仮想ディスク1つにつき、最大3つまで取得することが可能です。
【データバックアップ】データバックアップを取得した場合、課金が発生しますか?
取得時の仮想ディスク容量に応じて課金が発生します。
【データバックアップ】リストアをしたいのですが、どのようにすればよいですか?
リストアを希望される場合、弊社窓口へお問い合わせください。
【データバックアップ】リストアにはどれぐらい日数が必要ですか?
最大5営業日必要となります
【データバックアップ】データバックアップ元の仮想ディスクを削除した場合、どうなりますか?
データバックアップ元の仮想ディスクを削除した場合、取得したデータバックアップも削除されます。
(注)取得したデータバックアップのみ保持することはできません。
【ウイルスチェック】ウイルスチェックはいつ行われますか?
すべてのファイルについて書き込み時にウイルスチェックを行います。
【ウイルスチェック】どういった場合にウイルスは駆除されますか?
ウイルスチェック機能は、株式会社シマンテックのウイルスチェックエンジンの仕様に基づきます。
すべてのウイルスの検知および駆除を保証するものではありません。
【ポート接続機能】選択できる速度は何ですか?
100Mbpsと1Gbpsから選択できます。
【ポート接続機能】対応するインターフェイスを教えてください。
10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-Tに対応しています。
【ポート接続機能】PPPoEを使用する回線は接続できますか?
できません。